検索
  • カメラの教室

2021-12/12 (日) 作品作りに必要な技術を学ぶ「3スキル屋外作品撮り講座」

更新日:2021年12月11日



 

 第1部 

カメラの設定で写真の印象を変えてみよう♪


撮って出しで写真の雰囲気を出したい…Canonでいうなら「ピクチャースタイル」

Sonyでいうなら「クリエイティブスタイル」と名称は各メーカーで違いますが笑


「ポートレートモード」や「風景モード」や「モノクロモード」など、

切り替えるだけで写真の雰囲気も思いっきり変わります♪


他にも「ホワイトバランス」や「アスペクト比」など

その場で写真の雰囲気を変えてみましょう♪



 

 第2部 

構図のバリエーションを体験して身につけよう!


同じモデルさん、同じ表情でも”構図”が違うと写真の印象が何故だかコロッと変わります。

地味だけども、写真を見る人に強力に働きかけるテクニック。それが”構図”です♫


実際に指定の構図を意識しながらモデルさんを撮影。

今回は以下の構図を学びます。


三分割構図 二分割構図 二分割構図(斜め)日の丸構図 

放射線構図 曲線構図 三角構図


さらに「構図を深く掘り下げる実践テーマ」として以下も学びます♪

◆ 構図は写真を見てくれる人を『楽しませたい♫』というサービス精神の賜物

◆ "斜め"の要素が与えるのは ”動き” ”ダイナミックさ”

◆「奥行き」は構図の大事な要素

◆「余白」は視線の前か?後ろか? → 余白から何を感じるのか。


 

 第3部 

ライティングや撮り方を変えて

自分の撮りたいポートレートを意識しよう!


背景となる印象や日の傾きに合わせレフ板のみで撮るか、

あえて非日常的にするため日中シンクロを使うか。。


撮りたいイメージに合わせて柔軟にテクニックを使えれば

あなたの撮影バリエーションは無限に広がっていきます♪


同じシチュエーションに対して様々なライティングと演出指示を行い

ポートレートで様々な印象の写真を撮る流れを実践してみましょう♪


◆自然光ライティング

・場所の選び方  ・光の選び方 光の作り方 

・順光、逆光、サイドライトの使い分け ・レフ板の使い方


◆日中シンクロ

ストロボを使って自然の光を活かすだけでは表現しきれない

"光で見る人を惹き付ける"写真表現を学びます。


 

👠モデル

福士ゆい


※モデル紹介写真は提供のご協力を頂たものが含まれます。


1枚目:@K1453Ryo

2枚目:@shima_run_kami

3枚目:@kitachans

 

📷講師

見崎豪







 

📅スケジュール

各部80分



 

🗼集合場所

五反野野球場A面隣の広場

最寄り駅:東武スカイツリーライン 小菅駅

Google map


小菅駅周辺にはお店がほとんどありませんので以下ご注意ください。

【買い物】小菅駅改札を出て右に行くとすぐに``東武ストア``があり、

     コンビニに置いてあるような飲食物、雑貨があります。

【トイレ】お手洗いは、駅や集合場所の仮設トイレをご利用ください。

 

👜参加に必要なもの

★一眼レフカメラ

(ミラーレスも可)


※照明機材は教室側で用意させていただきます。

 

👫参加枠

各部5名

 

⚠️備考・注意事項

スケジュールをご確認の上チケットをご購入ください​。

教室/フォトサークルでのルールまとめ もご確認ください。


・体調に不安がある方、風のような症状に自覚のある方はご参加をご遠慮ください。

・開催当日に37.5度以上ある方のご参加はご遠慮ください。

・開催中にご気分・体調が優れない場合は、講師・スタッフにお申し出ください。

 

✍お申し込み

必ず上記の備考、規約をお読みになりご承諾いただいた上でお申し込みください。

⇩お申し込みフォームはこちら⇩


 

📞連絡先

イベント当日の電話連絡先は、080-2073-0228 or 080-7850-5966

 

💁お問い合わせ

質問・お問い合わせなどは→こちら←まで

閲覧数:791回0件のコメント